2009

Mediations of localityというプロジェクトでは、離れたローカリティ、日本と東南アジアを結びつけ、創造的コラボレーションにおいてお互いの特異のコンテクストを調べ、その経験を共有し、多様性と結束を再評価しました。このプロジェクトではメディアテクノロジーの媒体を強調するだけではなく、交渉・解釈・コミュニケーションを含め調停のプロセスも指定しました。別のコミュニティとの結びつき、長期にわたる協力を育み、差し迫った問題に取り組み、こうした活動の中にテクノロジーの役割を検討することがこのプロジェクトの目的でした。

環境・教育・社会問題に焦点を合わせ、 ローカルな地域グループと彼らのコミュニティと一緒にコラボレーションし、 経験・意見の交換を通じてさまざまのローカリティでの今日的な問題の影響を比較しました。レジデンス期間中アーティストは近所の人々と積極的に協力し、彼らの活動に重要な貢献をもたらしてきました。集中的な一ヶ月のプログラムにおいてワーク ショップ・オープンセミナーなど通じてアーティストたちは利用可能な資源・単純のメディアテクノロジーにおいて創造的に異なるコミュニティを結びつける可 能性・有意義な意見交換を促す可能性を提唱しました。子どもたち・お年より・外国人を含め、幅広い階層の地域の人々と協力し、地域社会での結び付きを深めようとしました。

Website