二人三脚ツアー


今年のディスロケイトの公式プログラムとして中央線を中心として1日のツアーシリーズを開催します。参加アーティストはチームである街をリサーチし、イベント、パフォーマンス、プレゼンを含め、ツアーを企画し、日常風景に新しい層を追加します。

フィナーレとしてそれぞれの参加アーティストと特別ゲストのコラボレーションによって夜のイベントを開催します。夜中の都市空間でゲリラ的なアクションを試し、ディスカッション、パフォーマンス、コラボレーション、夜食事会も開催します。

駅から市役所へ
ディスロケイトはアートとテクノロジーとローカリティとの関係を問いかけるプロジェクとして2006年に設立され、今年8年目を向かっています。近年ではパブリック・スペースの物質的・概念的なあり方とその可能性が追求されてきました。公共空間を共通点と差異が共存するスペースとして捉え、その中、コミュニティ、民主的なあり方、個人・集団の発言の自由の可能性を考え直しています。2013年 もディスロケイトはパブリックスペースに関する「所属感」に対する問いを続け、二人三脚のように自我と他者がぶつかって、その差異を取り組みながら、前に 進むために協力しあう必要性を認め直します。パブリックは「人」のことか、「当局」のことか、そのスペースは皆が作ってあげるスペースか、与えられたス ペースか、管理から権力までパブリックスペースの自由さ、規制、支配を直面し、人の存在感が非常に強い駅あたりから行政の象徴になる市・区役所まで歩きな がら路上でピクニックしたり、ゲームしたり、主張したりし、個人的な意見などを公的な場所で共有し、安全地帯から足を踏み出し、暗黙のルールに挑戦し、新 しい目で街を歩き、都市空間を再想像し、皆さんが参加できるような物語を織ります。